お葬式に参列するなかで、様々な宗教があるためお葬式のマナーも変わってきます。

お葬式、お通夜の際の香典のマナー
お葬式、お通夜の際の香典のマナー

キリスト教のお葬式でのマナーについて

お葬式に参列するなかで、様々な宗教があるためお葬式のマナーも変わってきます。仏教などは宗派は違いますが、基本的なお葬式自体のマナーに違いはありません。ですが、キリスト教の場合では人の死に対して考え方自体が異なるため、お葬式でもマナーは大きく違いがありますので注意すると良いです。まず香典ですが、仏教の場合は御霊前という袋を利用しますが、キリスト教では御花料と書くのが一般的です。宗教的にお花を贈るのが一般的なため、このように記載することがマナーとなります。またお焼香はなく、代わりに献花が行われます。

通夜や告別式では、白い菊やカーネーションなどを献花台にささげます。献花にも作法がありますので事前に調べておくと良いです。次にキリスト教ということで聖歌や賛美歌を歌ったり聖書などの一部を唱える事があります。もちろん知らない場合は歌わずとも問題はありませんが、事前に讃美歌や聖書の一節などが紙で配られている場合は、分からなくとも周りに合わせて声をだすと良いです。最後に普段のお葬式では当たり前のお悔やみの言葉や、キリスト教のお葬式では言わないのがマナーです。人の死に対して不幸なことではないという考え方なので、御愁傷様ですといった言葉はマナー違反となります。安らかな眠りをお祈りいたしますといった言葉などを伝えるのが一般的となります。

関連サイト