社会人になりたての頃は社会での経験がほとんどない状態です。

お葬式、お通夜の際の香典のマナー
お葬式、お通夜の際の香典のマナー

お葬式に出席するときの香典袋の書き方

社会人になりたての頃は社会での経験がほとんどない状態です。ビジネスのことは社員教育などで学ぶことになりますが、それ以外にもどんどん社会のいろいろなことに遭遇していきます。あまり失敗するのはよいことではないですが失敗して学ぶこともあるので失敗はいい経験にしないといけません。お客さん関係のコミュニケーションとしてはいろいろな式などに呼ばれることがあります。

客先の葬式に呼ばれた時にはどのように香典袋を記載するかがあります。まず香典専用の袋を用意します。お祝いの時は赤と白の水引ですが、香典袋は黒い水引などになっているのでそれを選びます。親切なものだとすでに水引の上に文字が記載されていることがあります。御香典、御霊前などを書き、水引の下に自分の名前を書くようにします。

裏面に記載する内容があります。それが金額です。あまり書きたくないかもしれませんが決まりですから書くようにします。そして中袋の裏面に住所、氏名、金額を記載します。これはきちんとその欄が印刷されているので、それに合わせて書けばよいでしょう。こちらも後で管理をするときの重要な情報になるので忘れず書くようにしなければいけません。黄色い水引は一部で使われます。基本は白と黒のタイプを選びます。

関連サイト